ターミナル

Macでプログラミングするならまず入れるべき、Homebrewをインストールする

Homebrewとは

HomebrewはMacOS用のパッケージ管理システムです。ターミナルでごちゃごちゃやっていく際に高頻度で使用します。
何かしらの環境構築をするときに、やり方を説明してくれているページで、すでに入っている前提で話が進んでいくので必須と言ってもいいぐらい必要不可欠です。

ということで、今回はHomebrewの導入方法をまとめていこうと思います。

インストール手順

https://brew.sh/index_jaこちらのHomebrew公式ページに大体やり方がのっています。
というのも1行コマンドを叩けばほぼ終わりです。

このようになっていて、ここに書かれているコードをターミナルで実行すれば大丈夫です。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

これを実行します。(記事執筆時でのものなので一応公式ページで確認してそちらを貼り付けるようにしたほうがいいかと思います)
余談ですが、rubyのコードで書かれていますが、Macには標準でrubyがインストールされているので別でインストールする必要はありません。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  ==> This script will install:
  /usr/local/bin/brew
  /usr/local/share/doc/homebrew
  /usr/local/share/man/man1/brew.1
  /usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
  /usr/local/etc/bash_completion.d/brew
  /usr/local/Homebrew
  ==> The following existing directories will be made group writable:
  /usr/local/bin
  /usr/local/share
  /usr/local/share/man
  /usr/local/share/man/man1
  ==> The following existing directories will have their owner set to user-name:
  /usr/local/bin
  /usr/local/share
  /usr/local/share/man
  /usr/local/share/man/man1
  ==> The following existing directories will have their group set to admin:
  /usr/local/bin
  /usr/local/share
  /usr/local/share/man
  /usr/local/share/man/man1
  ==> The following new directories will be created:
  /usr/local/Cellar
  /usr/local/Homebrew
  /usr/local/Frameworks
  /usr/local/etc
  /usr/local/include
  /usr/local/lib
  /usr/local/opt
  /usr/local/sbin
  /usr/local/share/zsh
  /usr/local/share/zsh/site-functions
  /usr/local/var
  ==> The Xcode Command Line Tools will be installed.

  Press RETURN to continue or any other key to abort

このようにエンターを押すように求められます。
先程の公式のページにも書いてありますが、何をインストールするかの説明をしてくれてから一度中断して確認を挟むようにしてくれています。進む場合はエンターを押しましょう。

何をインストールするかの一覧にXcode Command Line Toolsがあります。他の紹介してくれているページではHomebrewのインストール手順の最初にXcodeをインストールするように書かれているページもありますが、先程のコードでXcode Command Line Toolsのインストールも同時に行ってくれるので別で行う必要はありません。

==> /usr/bin/sudo /bin/chmod u+rwx /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1
  Password:
  ==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1
  ==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown user-name /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1

  ︙
  ︙

  Resolving deltas: 100% (56/56), done.
  Tapped 4572 formulae (4,825 files, 12.2MB)
  ==> Cleaning up /Library/Caches/Homebrew...
  ==> Migrating /Library/Caches/Homebrew to /Users/user-name/Library/Caches/Homebrew...
  ==> Deleting /Library/Caches/Homebrew...
  Already up-to-date.
  ==> Installation successful!

  ==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics.
  Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
    https://docs.brew.sh/Analytics.html

  ==> Next steps:
  - Run `brew help` to get started
  - Further documentation: 
    https://docs.brew.sh 
  $

エンターを押すと直後にパスワードを入力するように求められます。Macの画面のロックを解除するパスワードを入力しましょう。
少々時間がかかりますが残りは自動でやってくれます。
最後にsuccessful!と表示されていればインストール成功です!

Next stepでbrew helpを実行しましょうとあるので実行してみます。

$ brew help
  Example usage:
    brew search [TEXT|/REGEX/]
    brew info [FORMULA...]
    brew install FORMULA...
    brew update
    brew upgrade [FORMULA...]
    brew uninstall FORMULA...
    brew list [FORMULA...]

  Troubleshooting:
    brew config
    brew doctor
    brew install --verbose --debug FORMULA

  Contributing:
    brew create [URL [--no-fetch]]
    brew edit [FORMULA...]

  Further help:
    brew commands
    brew help [COMMAND]
    man brew
    https://docs.brew.sh
  $

このようにHomebrewのコマンド一覧が表示されていれば、正常にインストールされています。
Homebrew以外のものをインストールする場合にもhelpコマンドを実行して表示されてるかを見て、正常にインストールされているかを確認する手法はよく使われます。

Homebrewで試しにインストールする

インストールが完了したので試しに、ターミナルでwgetコマンドを使えるようにHomebrewでwgetをインストールします。

 $ brew install wget

を実行します。

$ brew install wget
  ==> Installing dependencies for wget: gettext, libunistring, libidn2, openssl
  ==> Installing wget dependency: gettext
  ==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/gettext-0.19.8.1.high_sierr
  ######################################################################## 100.0%

  ︙
  ︙

  ==> Summary
  🍺  /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2o_1: 1,791 files, 12.3MB
  ==> Installing wget
  ==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/wget-1.19.5.high_sierra.bot
  ######################################################################## 100.0%
  ==> Pouring wget-1.19.5.high_sierra.bottle.tar.gz
  🍺  /usr/local/Cellar/wget/1.19.5: 50 files, 3.7MB
  $ 

無事インストールが完了しました!

基本的にbrew install ○○の形式でインストールすることができるので簡単にインストールできることがわかると思います。

POSTED COMMENT

  1. […] Railsを使う上で必要なものをインストールするためにHomebrewを使うので入っていない場合はインストールしましょう。 Homebrewのインストール方法はこちらの記事で解説しています。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です