ターミナル

【簡単】MacにHomebrewをインストールする方法と基本的な使い方

この記事では、MacOS用のパッケージ管理システムであるHomebrewに関して、インストールの方法と基本的な使い方についてまとめていきます。

何かしらの環境構築などする場合に、やり方を説明してくれている記事などで、すでにインストールされている前提で話が進んでいくことも多いのに加えて、使えると非常に便利なので、必須と言ってもいいぐらい必要不可欠です。

Homebrewとは

HomebrewMacOS用のパッケージ管理システムです。パッケージをインストールする際に、1行叩くだけでそのパッケージの依存関係も含めてインストールを実行してくれるのでとても便利なものです。

わからない人向けに説明すると、Macのターミナルで使うようなソフトウェアをターミナルでインストールする際に使うもので、そのソフトを使うのに必要なソフトまでまとめてインストールしてくれるMac使いなら必ずいれておきたい便利ツールです。

環境

MacOS Mojave バージョン 10.41.1

HomebrewMacOS用と書きましたが、Linux用のLinuxbrewも存在していて、そちらも記事にまとめましたので興味がある方は参考にしてみてください。

Linuxbrewのインストール方法LinuxbrewはMacでおなじみのパッケージマネージャーHomebrewのLinux版です。今回はCentOSとUbuntu上でLinuxbrewをインストールした方法をまとめていこうと思います。...

インストール手順

https://brew.sh/index_jaこちらのHomebrew公式ページに大体やり方がのっています。
というのも1行コマンドを叩けばほぼ終わりです。

このようになっていて、ここに書かれているコードをターミナルで実行すれば大丈夫です。


/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

これを実行します。(記事執筆時でのものなので一応公式ページで確認してそちらを貼り付けるようにしたほうがいいかと思います)
余談ですが、rubyのコードで書かれていますが、Macには標準でrubyがインストールされているので別でインストールする必要はありません。


$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  ==> This script will install:
  /usr/local/bin/brew
  /usr/local/share/doc/homebrew
  /usr/local/share/man/man1/brew.1
  /usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
  /usr/local/etc/bash_completion.d/brew
  /usr/local/Homebrew
  ==> The following existing directories will be made group writable:
  /usr/local/bin
  /usr/local/share
  /usr/local/share/man
  /usr/local/share/man/man1
  ==> The following existing directories will have their owner set to user-name:
  /usr/local/bin
  /usr/local/share
  /usr/local/share/man
  /usr/local/share/man/man1
  ==> The following existing directories will have their group set to admin:
  /usr/local/bin
  /usr/local/share
  /usr/local/share/man
  /usr/local/share/man/man1
  ==> The following new directories will be created:
  /usr/local/Cellar
  /usr/local/Homebrew
  /usr/local/Frameworks
  /usr/local/etc
  /usr/local/include
  /usr/local/lib
  /usr/local/opt
  /usr/local/sbin
  /usr/local/share/zsh
  /usr/local/share/zsh/site-functions
  /usr/local/var
  ==> The Xcode Command Line Tools will be installed.

  Press RETURN to continue or any other key to abort

このように「Enter」を押すように求められます。
先程の公式のページにも書いてありますが、何をインストールするかの説明をしてくれてから一度中断して確認を挟むようにしてくれています。進む場合はを押しましょう。

何をインストールするかの一覧にXcode Command Line Toolsがあります。他の紹介してくれているページではHomebrewのインストール手順の最初にXcodeをインストールするように書かれているページもありますが、先程のコードでXcode Command Line Toolsのインストールも同時に行ってくれるので別で行う必要はありません。


==> /usr/bin/sudo /bin/chmod u+rwx /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1
  Password:
  ==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1
  ==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown user-name /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1

  ︙
  ︙

  Resolving deltas: 100% (56/56), done.
  Tapped 4572 formulae (4,825 files, 12.2MB)
  ==> Cleaning up /Library/Caches/Homebrew...
  ==> Migrating /Library/Caches/Homebrew to /Users/user-name/Library/Caches/Homebrew...
  ==> Deleting /Library/Caches/Homebrew...
  Already up-to-date.
  ==> Installation successful!

  ==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics.
  Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
    https://docs.brew.sh/Analytics.html

  ==> Next steps:
  - Run `brew help` to get started
  - Further documentation: 
    https://docs.brew.sh

エンターを押すと直後にパスワードを入力するように求められます。Macの画面のロックを解除するパスワードを入力しましょう。
少々時間がかかりますが残りは自動でやってくれます。
最後にsuccessful!と表示されていればインストール成功です!

Next stepbrew helpを実行しましょうとあるので実行してみます。


$ brew help
  Example usage:
    brew search [TEXT|/REGEX/]
    brew info [FORMULA...]
    brew install FORMULA...
    brew update
    brew upgrade [FORMULA...]
    brew uninstall FORMULA...
    brew list [FORMULA...]

  Troubleshooting:
    brew config
    brew doctor
    brew install --verbose --debug FORMULA

  Contributing:
    brew create [URL [--no-fetch]]
    brew edit [FORMULA...]

  Further help:
    brew commands
    brew help [COMMAND]
    man brew
    https://docs.brew.sh

このようにHomebrewのコマンド一覧が表示されていれば、正常にインストールされています。
Homebrew以外のものをインストールする場合にもhelpコマンドを実行して表示されてるかを見て、正常にインストールされているかを確認する手法はよく使われます。

Homebrewで試しにインストールする

インストールが完了したので試しに、ターミナルでwgetコマンドを使えるようにHomebrewwgetをインストールします。


$ brew install wget

を実行します。


$ brew install wget
  ==> Installing dependencies for wget: gettext, libunistring, libidn2, openssl
  ==> Installing wget dependency: gettext
  ==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/gettext-0.19.8.1.high_sierr
  ######################################################################## 100.0%

  ︙
  ︙

  ==> Summary
  🍺  /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2o_1: 1,791 files, 12.3MB
  ==> Installing wget
  ==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/wget-1.19.5.high_sierra.bot
  ######################################################################## 100.0%
  ==> Pouring wget-1.19.5.high_sierra.bottle.tar.gz
  🍺  /usr/local/Cellar/wget/1.19.5: 50 files, 3.7MB

無事インストールが完了しました!

基本的にbrew install ○○の形式でインストールすることができるので簡単にインストールできることがわかると思います。

Homebrewの基本操作

先程パッケージのインストールの方法を紹介しましたが、他の基本操作に関してもまとめていきます。

インストール可能なパッケージを確認する


$ brew search wget
==> Formulae
wget ✔   wgetpaste

wgetを含むパッケージが表示されます。
「✔」がついているものは既にインストールされているものです。

ここでログにFormulaeとありますが、これはHomebrewの用語でパッケージのことを指します。

異常がないかを確認する

Homebrewに異常がないかどうかを確認する機能です。


$ brew doctor
Your system is ready to brew.

もし異常があった場合には内容が表示されるので、指示に従って解決していきましょう。

バージョンを確認する

Homebrewのバージョンを確認できます。


$ brew --version
Homebrew 2.0.6
Homebrew/homebrew-core (git revision 4050; last commit 2019-04-03)

インストールしたパッケージ一覧を確認する

インストールしたパッケージの一覧を確認することができます。


$ brew list
gettext     libidn2     libunistring    openssl     wget

上記は先程のwgetをインストールした状態で実行したものです。

wget以外にも他にもいくつかインストールされています。
これはwgetをインストールする際に、依存関係があるものを同時にインストールしてくれていたからです。

先程のwgetをインストールした際のログは長いのでほとんどを省略してしまいましたが、wget以外にインストールするものがあった場合に、ログとして表示されるので確認してみるといいかと思います。

インストールしたパッケージの起動状況を確認する


$ brew services list
Name         Status  User         Plist          
postgresql   started (ユーザー名) /Users/(ユーザー名)/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist
redis        stopped

こちらはバックグラウンドで起動しているようなものの起動状況が確認できます。

パッケージの情報を確認


$ brew info (パッケージ名)

先程のwgetで実行してみました。


$ brew info wget
wget: stable 1.20.1 (bottled), HEAD
Internet file retriever
https://www.gnu.org/software/wget/
/usr/local/Cellar/wget/1.19.5 (50 files, 3.7MB) *
  Poured from bottle on 2018-06-08 at 17:04:24
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/wget.rb
==> Dependencies
Build: pkg-config ✔
Required: libidn2 ✘, openssl ✔
==> Options
--HEAD
    Install HEAD version
==> Analytics
install: 134,032 (30 days), 480,367 (90 days), 1,454,711 (365 days)
install_on_request: 120,534 (30 days), 421,140 (90 days), 1,275,412 (365 days)
build_error: 0 (30 days)

更新のあるパッケージを確認


$ brew outdated

パッケージを更新する

Homebrewでインストールしたパッケージの更新を行えます。


$ brew upgrade               #パッケージ全部
$ brew upgrade (パッケージ名)  #パッケージ指定

古いバージョンのパッケージの削除


$ brew cleanup
$ brew cleanup -n #削除対象と容量を確認する

パッケージのアンインストール


$ brew uninstall (パッケージ名)

Homebrewのアンインストール

Homebrewとインストールしたパッケージも同時にアンインストールされます。


ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/uninstall)"

上記を実行すると、アンインストールするファイルの一覧が表示されてから確認を挟むという流れになっているので安心です。