Swift

【swift入門】初心者からiOSアプリ開発できるまでのおすすめの書籍

プログラミングやswiftの初心者でこれからswiftでiOSアプリを開発できるようになりたいという人向けに、1人前になるまでのおすすめのswift学習用の書籍を、入門書の選び方の基準も含めて紹介していきます。僕も初心者から学習するのに、実際に購入して読んだ本なのでぜひ参考になればと思います。

swiftの入門書を選ぶポイント

入門書を選ぶにあたって、考えるべきポイントが2つあります。

  • swiftとXcodeのバージョンが最新かどうかを確認する
  • サンプルコードがダウンロードできる

だと思います。

swiftとXcodeのバージョンが最新かどうかを確認する

swiftに限らず、プログラミング言語はアップデートが何度もあります。バージョンがアップデートされると文法が変わって書き方が変わる部分もあり、以前のバージョンの書き方だと、エラーが出てしまうことがあります。

特に初心者の場合、買った本に書いてあるとおりに書いたはずなのにうまくいかないとなると、それで挫折につながったりしてしまうので、本を購入する際はバージョンを気をつけたほうがいいかと思います。

XcodeはswiftでiOSアプリ開発するためのエディタです。
swiftの新しいバージョンで開発するにはXcodeもアップデートしないとできないという事が多いのに加えて、使い方も変わる可能性があるので、Xcodeのバージョンも確認するようにしましょう。

swiftとXcodeのバージョンの確認方法

swiftとXcodeのバージョンはAppleのDeveloperページから確認することができます。

この記事を執筆当時(2019年3月)での最新バージョンは「swift4」「Xcode10」が最新になります。

swift4.2といった小数点以下を表記する場合がありますが、小数点以下はマイナーアップデートでそこまで変更も大きくないので、小数点以下の部分も最新じゃないといけないという必要はないです。

本の内容のサンプルコードがダウンロードできるかどうか

入門書内で解説されている実際のコードをダウンロードできるかどうかも重要です。

本に書いてあったとおりにやったはずなのにうまくいかない場合、どうすればいいかわからなくなって挫折につながってしまいます。
正常に動く保証のあるサンプルコードを見ながらやれるのは初心者にとっては心強いです。

加えて、初心者のうちは1からアプリを作成するよりも、できあがったアプリを例えばちょっと色をいじってみるなどのちょっとした変更を実装していった方が、簡単で雰囲気をつかみやすかったりすると思います。

なのでその際にサンプルコードがあると、そのようにできるというメリットがあります。

僕が考える、参考書の選び方を解説していきました。
ではここからは実際のおすすめの参考書を段階別に紹介していきます。

【初心者向け】swift入門におすすめの書籍

本気ではじめるiPhoneアプリ作り(ヤフー黒帯)

初心者にはこちらの本がおすすめです!
僕もこの本で最初学習しました。

こちらの本は、Xcodeのインストール方法から基本的な操作方法、基礎文法、実際にサンプルコード付きでサンプルアプリの作成、作成したアプリをAppStoreに申請する方法まで網羅的に学ぶことができます。

Xcodeを使用しての開発は、操作方法がわからなくて詰まってしまうことが多い中、スクリーンショットをたくさん使って説明されているので初心者でもわかりやすいです。

サンプルアプリの作成もレベル別に3パターンあるので、段階を踏んで学習することもできます。

この本で、コードの書き方はおいておいて、動くものは作れるというレベルに慣れると思います。

【中級者・上級者向け】よりレベルを上げたい人向け

swift実践入門

動くものは作れるようになったけど、より高いレベルを目指したいという人におすすめの本です。

この本ではswiftの文法の基本的な部分から実践的な利用方法までわかりやすく解説されています。

文法をしっかり学ぶことによって、swiftの言語仕様を駆使した、より変更に強いコード、バグを生みにくいコードを書くことができるようになります。

この本のさらにおすすめな点は、有名なApiクライアントのライブラリである「APIKit」の作者である石川さんが著者であり、基本設計の方針が書かれている章とWebAPIクライアントを実装する実践的な章があることで、より実践的に学ぶことができます。

Xcodeでの開発効率をあげるために

iOS/macOSプログラマのためのXcode時短開発テクニック

こちらの本は、より開発効率を上げるためのXcodeでの時短テクニックが多数紹介されています。

Xcodeは開発やデバックがはかどる便利機能がたくさんあるのにあまり知らない物が多いです。この本はそんなところを教えてくれます。

すべてのエンジニアが読んでおきたい本

リーダブルコード

この本はswiftでiOSアプリを開発する人向けではなく、すべてのエンジニアにおすすめしたい本です。
というよりエンジニア、プログラマーなら1回は読んでおくべきバイブル的な本です。僕は3回は読みました。

読みやすいコードとは何かということについて書かれています。

ある程度動くものが作れるというレベルになったら読んでみるといいかと思います。

MVVMの設計を学ぶ

WEB+DB PRESS Vol.106

onclick=”gtag(‘event’, ‘click’, {‘event_category’: ‘amazon’,’event_label’: ‘WEB+DB PRESS Vol.106’});”
こちらはプログラミング技術情報誌でswiftやiOSアプリの内容に限ったものではありませんが、こちらの回ではiOSアプリ設計特集が掲載されていて、メルカリのエンジニアの方が執筆されたMVVMでの設計の解説がされています。実際のサンプルコードもダウンロードできるのでおすすめです。

まとめ

以上が僕のおすすめするswift(一部swiftじゃないものもありましたが)参考書です。

すべて僕が読んだ本であるのと、自分が購入するにあたって、同じ社内のエンジニアの人に相談したりして決めたものなので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

最後に一番重要だと思う点ですが、「本を買っただけで満足しない」ことだと思います。僕もわりとやっちゃいがちですが、本を買ったら最後まで読み切ることでやっと力になると思います。

それでは!