【Xcode】一瞬でファイル移動できる便利なショートカット

みなさんはXcodeで開発していて、今いるファイルから違うファイルをいじりたいとなった場合にどうしますか?
Xcodeでは左側にファイル階層を表示していてくれていますが、そこからいちいち選択していたら時間がかかってしまいます。

なかなかお目当てのファイルが見つからずに使っていたり、場所がわかっていてもいちいちカーソルを選択する作業がめんどうです。

僕はこのいちいち選択するみたいな作業がうっとうしいのでファイルを移動する際に以下のようにしています。

Command + Shift + O

ファイル移動の際に「Command + Shift + O」を押すと、このような画面が出現します。

「ViewModel」というファイルに移動したかったのですが、「View」まで打った段階で候補がでてきてくれるので最初だけ打てば大体目的のものがでてきてくれるので、「enter」を押せば移動してくれます。

このようなかんじです。
なのでファイル名さえ覚えていれば素早くファイル移動することができます。

プラスα

先程のダイアログが出現してる際に、「View」と打ったときに一番上にでてきてるのは「ViewModel」ですがその下の「ViewController」に移動したかったとします。

おそらくキーボードの「↓」を押すかカーソルを合わせて選択するのが一般的かと思いますが、それだと少々時間がかかるのでここでも素早く選択するために一工夫をします。

  • 「control + N」で下に移動
  • 「control + P」で上に移動

これらを組み合わせることでさらに素早く移動することができます。

これはキーバインドと呼ばれるやつでこの画面以外にも使用できるので覚えておいて損はないです。
そしてXcode8以前はこの画面がキーバインドに対応しておらず僕は毎回いらいらしていたのですがついにXcode9からこれが使えるようになって相当便利になりました!

ぜひみなさんおためしください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*