NiceHashがついに復活したので再設定しました

2017年10月半ばにマイニング用PCを組み立ててNiceHashを使ってマイニングを初めた矢先の12月の頭にNiceHashがハッキングされて使えなくなりそれまでに得た報酬のBTCも全部なくなってしまうという事件がありました。 それから2週間がたって、ついにNiceHashが復活したとのことだったので早速再設定して使い始めてみたのでそれをまとめていこうと思います。 これまでの記事はこちらになり...

AWS CodeDeployを使ってみる

はじめに AWSのサービスのひとつに「CodeDeploy」というサービスがあります。 今回はこの「CodeDeploy」を使う機会があったのでそれについて調べたことをまとめていこうと思います。 CodeDeployではデプロイする元のソースはS3かGitHubができますが今回はGitHubで行います。 CodeDeployとは CodeDeployとは、EC2インスタンスへのデプロイを自動...

ハードフォークで放置するだけで無料で仮想通貨を増やそう

はじめに 最近伸びに伸びてるビットコインですが、ちょくちょく話題に出てくるのがビットコインの分裂、ハードフォークという単語です。 今回はハードフォークとは何かというところから、ハードフォークを利用するために取るべき対応をまとめていこうと思います。 ハードフォークとは そもそもハードフォークというのは、仕様変更であったり技術の進歩によってのアップデートのために、その通貨のルールを変えようとして...

【悲報】NiceHashがハッキングの被害にあう

はじめに 以前投稿した ・初心者がマイニング用自作PCを組み立ててみた ・NiceHashでマイニングしてみる の記事でマイニングを始めてみて、その結果を 2017年11月のマイニング収支報告 で電気代を考慮しても採算がとれそうな見込みであとは放置して時が経つのをまつだけ!というかんじで順調だったわけです。 そんなのもつかの間 ふと職場のチャットにこんな情報が流れてきました。 http...

2017年11月のマイニング収支報告

はじめに ・初心者がマイニング用自作PCを組み立ててみた ・NiceHashでマイニングしてみる でマイニングを始めてみました。 せっかくブログをやっているということなので、マイニングを始めてみての収益報告をこれから1ヶ月おきにしていこうかなと思います! ということで2017年11月の収支報告です。 (正確には10月下旬から始めていたのでその分も含めちゃいます笑) 使用環境 マイニングソ...

MinerGateでCPUマイニングしてみる

仮想通貨に手を出してみてマイニングというものを知りました。マイニングは主にGPUを使って自作PCを組み立てて使うイメージが強いのですが、普通のパソコンでもできないのかなと思って調べてみたら、なんとできるみたいですね。 ということで今回は普段使っているパソコンでマイニングする方法をいろいろ調べたのでまとめていきます。 MinerGate 今回使うのはMinerGateというものです。 これは、C...

imacrosを自動で定期実行する

imacrosでブラウザでの作業を自動化できますが、だんだん慣れてくると毎回起動するのさえ面倒になってきます。 家にちょうど24時間ずっと起動しているパソコンがあったのでどうにか自動で勝手に定期実行できないものかと挑戦してみたものをまとめていこうと思います。 環境 家にずっと起動しっぱなしのパソコンを使用しました OS: Windows10 FireFox: 48.0 初心者がマイニング用自...

【AWS】複数のRDSを1つに統合する

はじめに 僕の所属している会社ではデータベースにAWSのRDSを使用しています。 事業拡大の一環として似たようなサービスをたくさん展開することになり、似たような構造や内容のEC2やRDSをそのサービスの個数分だけ立てました。 その際に取り組んだことをまとめていきたいと思います。 mysqlを使用しています RDSの統合 RDSをサービスの個数分立てたものの、1つのRDSを立ててその中に...

【Xcode】カスタムフォントを追加する

はじめに 現在在籍している会社でiOSアプリを開発してる際にデザイナーさんからこのフォントを使いたいと言われましたが、Xcodeでデフォルトで用意されているフォントではなかったので自分たちで追加しました。そのときのやり方をまとめていこうと思います。 やりかた 今回は游ゴシック体を追加していこうと思います。 デザイナーさんが用意してくれた、 ・ YuGoBold.otf を追加していこうと思い...

RxSwiftでオブジェクト数を確認する

RxSwiftを使って実装する際にObservableが残り続けてしまってメモリーリークにつながってるのではないか心配になることがあるかと思います。 そのために簡単にRxSwiftで現状使われてるオブジェクト数を確認するためのプロパティが用意されているのでそれを紹介します。 準備 結論から言ってしまうと、 RxSwift.Resources.total と書くことで現状のオブジェクト数を...