ハードフォークで放置するだけで無料で仮想通貨を増やそう

はじめに

最近伸びに伸びてるビットコインですが、ちょくちょく話題に出てくるのがビットコインの分裂、ハードフォークという単語です。
今回はハードフォークとは何かというところから、ハードフォークを利用するために取るべき対応をまとめていこうと思います。

ハードフォークとは

そもそもハードフォークというのは、仕様変更であったり技術の進歩によってのアップデートのために、その通貨のルールを変えようとして行われます。
ハードフォーク=分裂というイメージがあるので、初めて聞いたときは、派閥とか生まれて考え方の違いで分裂しちゃうのかなって思ったんですけど、基本的にはより良い方向に向かっているのではないかなと思います。

どう捉えるかは人それぞれなので、期待として捉える人もいれば、危なそうと捉える人もいるのでハードフォーク前後では相場が荒れやすい傾向にあります。

過去のハードフォーク

2017年8月にハードフォークによってビットコインキャッシュが生まれました。
ビットコインにとっては初のハードフォークで、ハードフォークというものが何かよくわかっていない人も多かったのでビットコインの価格も一気に下がったりした瞬間もありました。

ですが、結果的に見れば今のチャートを見ればわかるようにそんなこともお構いなしにビットコインの価格は日々上がり続けています。

ハードフォークのメリット

ここまでの話では何のメリットがあるのだろうかというかんじですが、ここからが本題です。

仮想通貨取引する上でのハードフォークの最大のメリットとは、
ハードフォークする際に、無料でハードフォークしたコインがもらえるということです。

どういうことかというと、ビットコインキャッシュの例で言うと
ハードフォークする際に1BTC持っていた人は、元々持ってた1BTCはそのままで、所持しているBTCと同じ量の1BCH(ビットコインキャッシュ)が無料でもらえたわけです。

ビットコインキャッシュは2017年12月15日の時点では1BCHあたり20万円となっているので、すごくオトクなものとなっています。

今後のハードフォーク

ビットコインキャッシュのハードフォークから、2017年10月にはビットコインゴールドが誕生しました。

今後は、さらにどんどん増えてきていくみたいです。

予定なので変更の可能性もありますが、このようになっています。
ビットコインダイアモンド(11/25頃)
ビットコインプラチナム(12/1予定)
スーパービットコイン(12/17前後)
ビットコインウラン(12/31予定)
ビットコインシルバー(12月予定)
ビットコインキャッシュプラス(2018/1)
ビットコインアンリミテッド(不明)

やりすぎじゃねって思うぐらいハードフォークが予定されています。

取るべき対応

これだけハードフォークするのでとりあえずビットコインを持ってれば無料でコインがいっぱい貰えるのではないかと思っちゃいますが実際はそういうわけではありません。

どういうことかというと、10月に行われたビットコインゴールドを例に上げると、ビットコインを預けている取引所によってはビットコインゴールドがもらえる取引所ともらえない取引所がわかれているということです。
なのでどの取引所にあずけるかどうかが重要になってきます。

外国の取引所でビットコインゴールドがもらえる取引所ではもう既にビットコインゴールドがもらえて、取引もできる状態になっていますが、日本の取引所ではもらえる予定の取引所でもいまだにもらえず、いつもらえるかもわからない状況になっています。これだけ取引所によって対応がことなってくるわけです。

じゃあどうすればいいか、

いまちらっとでてきました、外国の取引所にあずけておけばいいわけです。

そこで一番オススメなのがBinanceという取引所です。

中国の取引所なのですが、ハードフォークコインを受け取るには一番オススメの今話題の取引所です。
先程出てきたビットコインゴールドもいち早く対応して取引もできるようになっています。

今後のハードフォーク予定のコインもしっかりもらえるとの情報もでてきました(確定かどうかはわかりませんが可能性は高いと思います)

他にもメリットをあげると
・外国の取引所ですが日本語に対応している
・取引できる通貨が多い
・取引手数料がやすい
・日本は法律的に取引所開設まで時間かかるが、日本ではないので一瞬で登録できる
・セキュリティも安心

いっぱいあります。

登録方法

登録方法は、こちらから登録することができます。

 

このような画面になると思うので「登録」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを決めて入力します。パスワードは忘れないように大切に保存しましょう。

そしたらチェックをして「登録」をクリックします。

日本語で書いてあるのでわかりやすいですね。

 

するとこのような画面がでてきます。これは他のサイトにはあまりないものなので最初は戸惑うかもしれませんが、丸のボタンを右にドラッグして、下の画像のようにパズルのピースを埋め込む感覚で横にドラッグしてみましょう。

ぴったり合わせれば完了です。わりとちゃんと合わせないと認識してくれないので注意です。

先程設定したメールアドレスにメールが届きこのような画面になっていると思うので、「Verify Email」をクリックします。

このような画面になって登録完了です。それではログインしてみましょう。

外国の取引所なので日本円で入金できなくて、ほぼすべての通貨を対ビットコインで取引しますので、基本的な流れは、

日本の取引所に日本円で入金

ビットコインを購入

Binanceに送金

 

という流れになります。

僕もBTCをBinanceに預けているのですが早速ハードフォークコインをもらうことができました。

 

12月1月はハードフォークが続くのでしばらくは預けたままにしておこうかなと思っています。

参考になればぜひやってみてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*