Ruby on Rails

初心者でも簡単!MacでRuby on Railsの環境構築をする

はじめに

新しいMacを使う事になりまして、その際に環境構築を1から行っていくことになりました。Railsの環境構築もその一環で行ったので今回はその手順をまとめていこうと思います。プログラミングを始める際にRuby on Railsを最初に学ぶ人は多いかと思います。その場合に環境構築で詰まってしまい断念する人も多いかと思うので、そういう場合に役に立てればなと思います。

環境

macOS HighSierra バージョン10.13.4

手順

1つずつ手順を説明していきます。

Homebrewのインストール

Railsを使う上で必要なものをインストールするためにHomebrewを使うので入っていない場合はインストールしましょう。
Homebrewのインストール方法はこちらの記事で解説しています。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

別の記事にまとめているものの実際はこちらのコマンドを叩くだけです。
Homebrewが正しくインストールされているかどうかは、

brew help

を実行して、コマンド一覧が表示されれば正しくインストールされています。

rbenvのインストール

rbenvは複数のバージョンのRubyをインストールして切り替えもできるようにするツールです。
他の言語にもそのようなツールがある言語もあり、例えばpythonではpyenvというものがあります。

brew install rbenv ruby-build

を実行しましょう。
正しくインストールされているかは

rbenv --version

を実行して、バージョンが表示されれば正しくインストールされています。
正しくインストールされたら、ターミナルを起動した際にrbenvの初期化を自動で行うように設定をします。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
  echo 'if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi' >> ~/.bash_profile
  source ~/.bash_profile

Rubyのインストール

先程インストールしたrbenvを使用してRubyのインストールを行います。
今回はバージョン2.5.0をインストールしていきます。

まず、インストール可能なrubyのバージョンの一覧を取得します。

$ rbenv install -l
  Available versions:
    ︙
    2.4.2
    2.4.3
    2.4.4
    2.5.0-dev
    2.5.0-preview1
    2.5.0-rc1
    2.5.0
    2.5.1
    2.6.0-dev
    2.6.0-preview1
    2.6.0-preview2
    ︙

このように一覧が表示され、今回インストールしたいバージョンの2.5.0は一覧に表示されているのでインストールを続けていきます。

rbenv install 2.5.0

これでインストールすることができます。
今回インストールするバージョンが2.5.0で、他のバージョンをインストールする場合は先程の一覧で表示されたとおりに2.5.0の部分を置き換えればそのバージョンがインストールされます。
rubyのインストールは少し時間がかかります。
インストールが正常にできたかどうかは、

$ rbenv versions
  * system (set by /Users/user_name/.rbenv/version)
    2.5.0

このように実行してインストールしたバージョンが表示されれば大丈夫です。
rbenv versionsはrbenvにインストールされているrubyのバージョン一覧が表示されます。systemはデフォルトでインストールされているものです。
*がついているバージョンが現在使用されるバージョンになります。

$ ruby -v
  ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) 

試しにrubyのバージョンを確認してみると2.5.0になっていません。
なので先程インストールした2.5.0に切り替える作業をしなければいけません。

rbenv global 2.5.0
rbenv rehash

これを行うことで、使用するバージョンを切り替えることができます。

ruby -v
  ruby 2.5.0p0 (2017-12-25 revision 61468) [x86_64-darwin17]

これでバージョンが切り替わったことを確認することができました。

bundlerのインストール

rubyのインストールが完了したので、gemコマンドも使用できるようになったかと思います。

$ gem -v
  2.7.3

gemというのは、rubyのパッケージ管理ツールです。例えばある機能を開発しようとしたときに、他の人がすでに実装してくれて提供してくれているものがあった場合に、それをインストールして使用することができ、実装工数を削減することができることがわりとよくあります。イメージとしてはChromeの拡張機能を入れていくようなイメージです。拡張機能をインストールすればすぐその機能を使うことができるかと思います。rubyではその1つ1つをgemを呼びます。
gem install (gemの名前)でgemをインストールすることができます。

gemコマンドでbundlerをインストールします。
bundlerというのはgem同士の依存関係やバージョンを管理するツールです。

あるAというGemが内部でBというGemを使用していたとします。その場合にAはBに依存しているといいます。このような依存関係がある場合にもいいかんじに考慮してくれてインストールしたり、依存関係が崩れないようにバージョン管理をしてくれます。

railsでは使用するGemをGemfileというファイルに記述していき、bundle installというコマンドを叩くだけですべてを一気にインストールすることができます。
そのコマンドを使えるようにするためにまずbundlerをインストールしなければいけません。

gem install bundler

ちゃんとインストールできたかを確認します。

$ bundler -v
Bundler version 1.16.2

インストールが正常に行われたことが確認できました。

Railsのインストール

Railsをインストールしていきます。

gem install rails

最新バージョンのrailsがインストールされます。

$ rails -v
Rails 5.1.6

正しくインストールすることができました。

Railsアプリケーションの作成

では、Railsのインストールが完了したので実際に新規でRailsのアプリケーションを作成していきます。

好きな場所に作成するアプリケーション用のディレクトリを作成していきます。今回はsampleという名前で作成します。
作成したらそのディレクトリの中に移動しましょう。

mkdir sample
  cd sample

Railsのアプリケーションを作成します。今回はsample_appという名前のアプリケーションを作成しました。

rails new sample_app

必要なファイルをすべて自動で作成してくれます。
完了したらrailsのサーバを立ち上げてみます。

$ rails s
  => Booting Puma
  => Rails 5.1.6 application starting in development 
  => Run `rails server -h` for more startup options
  Puma starting in single mode...
  * Version 3.11.4 (ruby 2.5.0-p0), codename: Love Song
  * Min threads: 5, max threads: 5
  * Environment: development
  * Listening on tcp://0.0.0.0:3000
  Use Ctrl-C to stop

ブラウザで0.0.0.0:3000と叩いてみるとRailsのデフォルト画面が表示されるかと思います。

このような画面が表示されたら完了です!